二重手術を受けよう【まぶたの状態を確認して選ぶ】

注入する方法がある

カウンセリング

身体にも安心

新しい施術がどんどん登場する美容整形業界ですが、もちろん、ボトックスやヒアルロン酸注入など、安全性が謳われ、定着している整形術もあります。医師による施術では、麻酔とメスが使われる切開法がありますが、技術の善し悪しによっては、手術跡が残ることもあり、最近では切らない施術が行われています。プチ整形にも謳われていますが、注射器を使った治療・施術も、切らずに悩みや希望に応えた美容整形です。巷で、気軽に試せる美容整形と評価されるのはヒアルロン酸注入で、元々体内にある成分を注入するので、副作用がないメリットがあります。リスクなしでも、シワやたるみ、豊胸や隆鼻まで、その効果は様々な悩みを解消してくれます。部位によっては、数回の注射が必要ですが、不満があれば術中に追加することも可能です。持続効果は長くて半年程度なので、おしゃれを楽しむ、あるいは本格的な美容整形前のシミュレーションとした使い方もされています。比較となる施術が、歯や骨を成形する成分となるレディエッセ注入で、硬さがあるのが特徴です。なので、ほうれい線などの深いシワ、鼻先のデザインにこだわることも容易にできます。皮下組織と真皮下層の間に注入する方法で、硬さがある成分なので、マッサージを施して、仕上がりをなめらかにさせるのも特徴です。持続効果は長くて1年程度ですが、適合性も認可されていることで、美容整形以外でも扱われているほどです。双方、メリットばかりではなく、溶解薬の有無に違いがあり、レディエッセは溶解薬が存在しません。失敗した場合、体内に吸収されるまでの時間、同じ部位への注入は控えるのが望ましく、失敗を避けるにも、実績豊富な医師探しも大事です。

人気記事

女性

綺麗になるのが優先なら

美容外科は普通の外科と違って、綺麗な仕上がりを重視した上で適切な施術方法を選んでくれます。数多くの美容外科がある東京なら、施術がうまい先生はたくさんいますので、綺麗になりたいのなら名医を探してみましょう。

詳しく見る

カウンセリング

注入する方法がある

美容整形と言っても、切る手術に難色がある場合には、切らずに解決させる施術法も展開されています。安心、安全である方法であるため、幅広い年代の方に利用できます。施術の特徴や効果など、しっかり確認するにも、クリニックや医師選びも重要です。

詳しく見る

ドクター

皮膚に関わる施術なら

ほくろやいぼの治療を受ける際は、美容外科より美容皮膚科で施術を受けるようにしましょう。それならそのほくろやいぼが悪性腫瘍でも、すぐに病気の治療に切り替えることができます。大阪はそんな美容皮膚科の病院も多いので、そこをうまく活用しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 二重手術を受けよう【まぶたの状態を確認して選ぶ】 All Rights Reserved.